バストアップは女性ホルモンの分泌が不可欠

MENU

バストアップに欠かせないホルモン

女性らしい体をしている人は基本的に胸が大きいとされています。

 

これは女性ホルモンの分泌量が多いためであり、バストアップにはこのホルモンが欠かせないと言えるでしょう。胸を大きくするために重要なホルモンの一種がエストロゲンとなっており、乳腺を刺激することでバストを成長させる効果が得られます。乳腺が大きくなることにより、乳腺を守るために脂肪がたくさんつくことになります。結果としてバストが大きくなっていくという仕組みです。

 

バストアップには乳腺を大きくする必要がありますし、乳腺を大きくするためにはホルモンの分泌を増やす必要があるのです。思春期になるとホルモンが多く作られるため、バストが大きくなるとされています。しかし、年齢を重ねるごとにホルモンは減少してしまうため、バストが垂れたり萎んだりしてしまうということです。20代も後半になるとホルモンが減ってしまいますし、バストの成長は難しくなると言われています。

 

サプリメントでバストアップしたい

バストの成長に必要なホルモンをしっかり補うことにより、30代や40代になっても10代の時のようにバストアップを目指すことができるでしょう。胸を大きくするサプリメントにはホルモンに関する成分が含まれていることが多いです。

 

服用することでホルモンに対して効果を発揮してくれるため、特にエストロゲンと似た働きをする成分の入っているサプリを選ぶと良いでしょう。エストロゲンは女性ホルモンの一種となっており、排卵を促す効果や自律神経をコントロールする効果、血中のコレステロール値を減らす効果などがあります。

 

また、乳腺を発達させる効果もあるため、バストアップ効果を期待できるでしょう。

 

ホルモンを増やすためには食生活も重要ですし、エクササイズや適度な運動も重要とされています。さらにサプリメントを利用することにより、きちんとした効果を実感できるでしょう。飲んですぐに効果が出なくても継続することが大切です。

バストアップの効果を高めたいなら

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つの種類があります。この2つのホルモンが交互に分泌されることにより、生理周期が成り立っているということです。

 

エストロゲンは妊娠に不可欠な卵胞の成熟を促進してくれますし、自律神経を整える働きや女性らしい体を作ってくれるなどの働きもあります。また、プロゲステロンは子宮内膜の厚みを維持する効果や妊娠を継続させるなどの効果があるということです。

 

エストロゲンはバストアップに効果的とされていますが、生理の終わりから次の排卵までの間に分泌量が増えると言われています。効率よくバストアップしたいという場合、エストロゲンの分泌量が盛んな時期にサプリメントを摂取したり、マッサージを行ったりすると良いでしょう。エストロゲンが盛んな時期はっもともとバストアップしやすい時期と言えますし、この時期にきちんとケアすることでさらに効果がアップすると言われています。